多用される言葉づかい

多用される言葉づかい

多用される言葉づかい

 

言葉づかいは、ビジネスマナーの基本中の基本とも言われるもので、会社の業績を左右しかねない重要な要素を持っています。丁寧な言葉づかいは、相手に好印象を与えるだけでなく、お互いに気持ちの良い取引に結びつけることができるものです。

 

ビジネスマナーとしては、整った身だしなみも大切なことですが、言葉づかいが悪いと全てが台無しになってしまいます。せっかく、服装などの見た目が整っているのに、言葉づかいによって相手が不快になってしまえば、取引が成立しないのも当然のことではないでしょうか。

 

正しい言葉づかいのつもりで使っていても、間違っていることも多くあるので、一度見直してみるのも良いかもしれません。言葉づかいのビジネスマナーは、新社会人だけでなく、ベテラン社員の人でも知らないことが多くあるものです。

 

ビジネスマナーでは、「です」「ます」などの丁寧語が一番よく使われている言葉づかいではないでしょうか。また、語句の頭に「ご」や「お」を付けて話すのもビジネスマナーの言葉づかいの基本です。

 

また、言葉づかいとしてよく聞かれるものであっても、間違っているのものあるので使っている場合は見直すようにしましょう。例えば、「よろしかったでしょうか」や「○○のほうは席をはずしています」などは、ビジネスマナーに反する言葉づかいになってしまうのです。

 

ビジネスマナーでは、まず相手を敬う気持ちを持って接することが大切です。そのためにも、正しい言葉づかいを今一度マスターし直してみるのも良いのではないでしょうか。





楽天オススメ商品

アドセンス広告