ビジネスマナーで尊敬語をマスター

ビジネスマナーで尊敬語をマスター

ビジネスマナーで尊敬語をマスター

 

ビジネスマナーでは、様々な言葉づかいが用いられています。まずは、相手に失礼のないように話すことが何よりも大切なことです。そのためには、礼を尽くす気持ちを持って接しなければなりません。

 

ビジネスマナーで、一番使われている言葉づかいに尊敬語が挙げられるのではないでしょうか。普段、無意識のうちに使っていることも多く、「お読みになる」や「いらっしゃる」、「ご存知」や「おっしゃる」などが尊敬語になります。

 

また、尊敬語以外でも、ビジネスマナーの中で多様される言葉づかいは謙譲語や丁寧語です。いずれも、目上の相手や敬うべき存在の人に対して使う言葉づかいです。

 

しかし、これらの言葉づかいは、ある程度統一しながら用いなければなりません。丁寧語、謙譲語、尊敬語が入り乱れた言葉づかいは、相手が違和感を抱いてしまうことになり、正確な情報が伝わらなくなってしまいます。

 

そして、丁寧な言葉づかいを心掛けたいのは分かりますが、極端に丁寧になってしまうと、相手も恐縮して話しづらい状況を作ってしまうことにもなります。言葉づかいのビジネスマナーは、その場に応じて最適なものを選んで用いなければならないのです。

 

新社会人の場合は、このような言葉づかいに慣れていないことも多いでしょう。そんな時には、上司や先輩がお客さんに対して、どのような言葉づかいで接しているかをしっかりと見ておくことが大切です。丁寧な言葉づかいは、初めのうちは難しいかもしれませんが、慣れれば自然と話せるようになってくるでしょう。





楽天オススメ商品

アドセンス広告