お客さんに対する言葉づかい

お客さんに対する言葉づかい

お客さんに対する言葉づかい

 

会社は、たくさんの客先を抱えているものです。時折、客先に出向いたり、来社したお客さんと打ち合わせするなどビジネスマナーが問われる場面に遭遇するのではないでしょうか。客先との応対は、いかに正しい言葉づかいができるかがポイントになります。

 

挨拶ひとつ取っても、間違った言葉づかいになってしまっては、会ったばかりなのに、不快感をもたらしてしまうことにもなりかねません。客先に対する言葉づかいのビジネスマナーは、礼を尽くすということを肝に銘じておく必要があります。

 

客先と話す際に、自分を言い表す言葉に「わたくし」があります。ビジネスマナーとしては、「わたくし」を使うことが常識で、「わたし」という言葉づかいは避けるべきものなのです。

 

また、先方の会社を言い表す場合は、「御社(おんしゃ)」を使うようにしましょう。これとは逆に、「当社(とうしゃ)」や「弊社(へいしゃ)」は、自分の会社を言い表す場合に用いる言葉づかいです。

 

客先に対する言葉づかいは、時折仕事にも影響が出てしまうと言われています。言葉づかいが乱れていると、その人自信だけでなく、会社の信頼性にも関わってくるので、確実にマスターしておきたいビジネスマナーなのです。

 

注文が取れる取れないは、言葉づかいにかかっていると言っても過言ではありません。どんなに細かい語句でも、礼を尽くすことを忘れてしまうと、敬語を使うべき場面で使えなくなってしまうと言われています。





楽天オススメ商品

アドセンス広告