上司に対する言葉づかい

上司に対する言葉づかい

上司に対する言葉づかい

 

どのような会社でも、入社すれば上司と接することになります。ビジネスマナーは、社外だけでなく、社内でもよく使われるものなので、しっかりと身に付けておかなければなりません。

 

上司は、目上の人ということにもなり、敬語で話すことが言葉づかいとしての常識です。これができないとなると、ビジネスマナーだけでなく、人間性をも疑われてしまうことになるので、正しい敬語をマスターしておくようにしましょう。

 

流暢に敬語を使うことができれば、上司からも高く評価されるのではないでしょうか。さらに、仕事以外でも何かと力になってくれるかもしれません。上司に対する正しい言葉づかいは、円滑なコミュニケーションを作ることにも役立つので、活躍の場を広げる機会も増えることでしょう。

 

たまに見かけるケースとして、「ご苦労様です」という語句が間違って使われることがあります。これは、上司に対しては、まず使ってはいけない言葉づかいと考えるべきでしょう。上司が部下に対して使う分には問題ないのですが、目上の人に対しては大変失礼に当たる言葉づかいなのです。

 

また、上司が和やかな雰囲気で接してきている場合でも、正しい言葉づかいを用いるのがビジネスマナーと言えます。緊張がほぐれるのは良いですが、上司であることを忘れて常識のない言葉づかいにならないように注意しなければなりません。

 

社内でも上司とすれ違う場面があることでしょう。そのような場合でも、すぐに正しい言葉づかいができるように、しっかりとビジネスマナーを身に付けておくこと大切なのです。





楽天オススメ商品

アドセンス広告