電話でのビジネスマナーのコツ

電話でのビジネスマナーのコツ

電話でのビジネスマナーのコツ

 

電話対応でのビジネスマナーは、声だけになるのでとても難しいものがあります。先方と自分の顔が見えれば、表情だけでも良い印象を与えることができます。しかし、電話の場合は、声や言葉だけで気持ちを伝えなければならないので、ビジネスマナーとしてのコツを覚えておくと良いでしょう。

 

何よりも、明るい印象で電話で話すことがビジネスマナーの基本ではないでしょうか。この時に、電話口で笑顔を作りながら応対すれば、自然と声も明るくなります。また、先方に礼を尽くす気持ちを忘れないためにも、電話と言えども身だしなみを正しておくことも忘れてはいけません。

 

ビジネスマナーでは、相手が何を伝えたいのかをしっかりと把握することが鉄則です。そのためにも、先方が話し終わるまで、こちらから話し出すことは避けなければなりません。

 

また、電話の場合は相槌を打たなければ聞こえているのかどうかも分かりません。相槌を打ちながら話を聞けば、先方もしっかりと伝わっていることが実感できるので忘れないようにしましょう。

 

ビシネスマナーは、臨機応変に対応しなければならない場面が多くあります。これは、電話の応対にも同じことが言えるのです。先方によって言葉遣いを変えたり、声のトーンを変えるのはビジネスマナーとしてのコツのひとつです。

 

電話口でも、先方を敬う気持ちを持って接することができれば、ビジネスマナーを意識しなくても良い印象を与えることができます。新社会人にとっては、電話応対が重荷と感じる人が多いようですが、練習のつもりで積極的に電話に出るように心掛けることが大切です。





楽天オススメ商品

アドセンス広告