接客のビジネスマナー

接客のビジネスマナー

接客のビジネスマナー

 

接客時のビジネスマナーは多岐に渡っている上に、関わる人間も一人で済む問題ではないので、お客様に好印象を与える為には会社全体のマナー向上が欠かせません。接客における非常に色々なビジネスマナー(挨拶・応接室への案内・お茶の出し方・取り次ぎ方・メモの入れ方・名刺交換など)では、お客様を不愉快にさせない為の様々な方法が用意されているので、出来る限り身に付ける様にしたいものです。

 

様々なビジネスマナーがありますが、その基本姿勢はどれも同じで相手の立場に立ち考えられる思いやりの精神という事です。この事を頭に入れて行動していけば、お客様と無暗にもめる様な事はなくなるでしょう。トラブル減少に繋がります。

 

接客におけるビジネスマナーでは例えば廊下の歩き方やエレベーターの乗り方など細部に至るまでしっかりと考えられています。廊下を歩く際のビジネスマナーとしては来客者の少し前を来客者の速さに合わせて歩く様にするや、階段においては上り下りで歩く位置の違いなども決められています。上り階段の場合には来客者の後ろを歩く様に、そして下り階段の場合には前を歩く様にします。エレベーターの場合にも細かい決まりがあり、例えばエレベーターのボタンを押さなくてはならないケースでは、案内をする方が先に乗って来客者を迎えなければなりませんし、ボタンが必要ないケースにおいては相手を先に乗せる必要がありますし、移動先では先に降りてもらう様にします。

 

ビジネスマナーは名刺交換の場においても重要です。接客対応する場では交換した名刺をテーブルの上に置き相手の名前を間違いない様にするのも、円滑に仕事を進める上で重要な事です。会社の品位を表す一種のバロメータとも言える接客対応は、決して蔑にするのではなくて、例え自分の担当でなかったとしても会社の品位を下げない為にもしっかりと対応する様にしましょう。





楽天オススメ商品

アドセンス広告