お約束のない人への接客マナー

お約束のない人への接客マナー

お約束のない人への接客マナー

 

ビジネスマナーは様々なケースに対応しています。接客におけるビジネスマナーも当然あらゆるケースを想定した上でのマナーを用意しています。接客と言っても、一概に全てを一緒に出来る訳ではなくて、例えばお客様とお約束をしているケースとそうではないケースがあります。きちんとアポイントメントが取れている場合には、何かしら特別な事由がない限り担当者に案内をする事が接客対応になります。しかしながら、何らお約束をしていない方がこられた場合に、そして担当者がその場にいなかった場合にお客様を不快にさせずにきちんと対応できるかどうかがビジネスマナーの腕の見せ所になります。

 

上記の様な場合においては、どの様対応がビジネスマナーとしてベストと言えるのでしょうか。まず大事な事はどの様なお客様だとしても自分が気付いたのであれば『いらっしゃいませ』と挨拶をするのが重要でマナーとして基本中の基本と言えます。挨拶した後に相手の要件が何なのかをしっかりと聞き、担当者が不在だったケースにおいては、こちら側に何かしら不備がなかったかどうかを急いで確認しなければなりません。どの様なケースであれ、お客様を待たせてしまう可能性が非常に高いので、お待ちして頂く事を説明して丁重に謝る必要があります。

 

確認が終わり、お約束の確認が取れなかったケースでは、お客様にせっかく来社していただいたのに御期待に沿えなくてと謝罪を入れた上で、伝言でも可能な要件なのかどうか、または別の人間でも問題ない要件なのかどうかをお客様に聞く様にして、少しでも要望に応えられるのであればそうしましょう。

 

それから、担当者との確認作業も確かに大切ですが、それだけに没頭してしまいお客様を長時間待たせてしまうのは良くないので、きちんと気を配る様にしましょう。それも大事なビジネスマナーの一つです。自分が担当者に代わって接客をする事になったのであれば、お客様にも担当者にも後で明確に理解出来る様にきちんと内容を確認する事が重要なので気を付けましょう。信頼を築く事が仕事をする上で欠かせないので、どんな相手にも信頼される接客が出来る様にしたいですね。しっかりと心をこめて接客する事も大事なビジネスマナーの一つだと言う事を忘れない様にしましょう。





楽天オススメ商品

アドセンス広告