接客時のお茶の出し方のマナー

接客時のお茶の出し方のマナー

接客時のお茶の出し方のマナー

 

お茶を出すのは女性の仕事だと勘違いしていませんか。ビジネスマナーの一つとして男性の方でも身に付けておくべきなのです。男性の受け持つ仕事は接客になるので、お茶を出すのは女性の仕事と行った具合に一昔前のステレオタイプに嵌ってしまうのは止めましょう。近年ではビジネスマナーとして男性がお茶を出すケースも多々あるので、ビジネスマナーの一環として身に付けておいて損はありません。

 

お茶を出す上で非常に重要になるのがその出すタイミングになります。応接室に通されたお客様と言うのは、担当者と挨拶そして名刺交換などを行っている場合があります。その様なやり取りをしている中でお茶を出すのは好ましくないので、タイミングを計りながらお茶を出すのがビジネスマナーとして求められています。

 

接客している人の邪魔にならない様に気を使いながらノックを静かにしてから応接室に入る様にして、お茶をのせているお盆を左に寄せて軽く会釈します。応接室にサイドテーブルが置いてある場合には、お盆をサイドテーブルに置きお茶の一つ一つをしっかりと両手で運びながらお客様の右側から出す様にして、そっと静かにお茶を置きます。お茶を置く際に、茶碗の絵柄の向きにまで気を使うのもビジネスマナーとして当たり前の事になるので、絵柄の正面がお客様を向く位置で置く様にすると良いですね。

 

接客時間と言うのは一定ではなくて不規則なものです。話が長く続く様ならば、お茶を取り替えるのもビジネスマナーの一つですが、何度も応接室を訪れていると接客の邪魔になりかねないので、タイミングを上手く計って取りかえる様にしましょう。新しいお茶をお客様に出す際には、テーブルにおいてある先ほど出したお茶を下げてから新しい物を静かに出します。それから当たり前の事ですが、応接室を訪ねる際には身だしなみを整えてから行きましょう。お茶をお客様に出すと言う事は自然と手が目についてしまうので、爪のケアなどはしっかりとしておき、尚且つブラウスやYシャツの袖付近の汚れにも注意しましょう。





楽天オススメ商品

アドセンス広告