接客で気をつけるビジネスマナー

接客で気をつけるビジネスマナー

接客で気をつけるビジネスマナー

 

ビジネスマナーにおいてはお客様に少しでも好印象を与えられる様に接客に関する様々な事に言及しています。接客と言うのはその名前の通りお客様に接する事になるので、悪い部分は敏感に感じとられてしまいます。お客様に不快な印象を与えてしまう事は芳しくないのでビジネスマナーとしての接客を身に付けられる様に日々努力できると良いですね。

 

接客をする上で身だしなみは非常に重要で欠かせない当たり前の事なのですが、その部分から出来ていない方が意外と多い様です。『ナチュラルさ』と言うのが好印象を与える為に非常に大切だとビジネスマナーで考えられている事です。例え身だしなみがしっかりしていて問題はなかったとしても、臭いのきつい香水を多用していたり、ネイルアートに熱中するあまり爪が長すぎたりと、その様な要素は接客上マイナスの効果を生む可能性が著しく高いので気を付けなければなりません。

 

ビジネスマナー以外でも香水のつけ過ぎは好ましくないので、あまりつけずに香水がほのかに香る程度に抑えましょう。例えどんなに自分が好きな香りであったとしても控えめにするのが大人のマナーとも言えます。相手が自分の香水の香りが嫌いだった場合には相当の不快感を与えてしまいます。それから、ネイルに関してもシンプルと言うのがビジネスマナーの基本です。清潔感と言う面から考えると、伸び過ぎの爪は例えどんなに美しいネイルだとしても良くないので、接客時には控えめにしてナチュラルにいきましょう。

 

夏など暑い季節になってくると接客上問題になってくるのが汗のかき過ぎとそれに順ずる汗のにおいになります。生理的な事になるのでデリケートになるのは否めませんが、特に男性の方はあまりに無頓着でケアをしていない方が多い様です。近年では女性用だけではなくて男性専用に開発されたデオドラントスプレーやデオドラントティッシュなども普通に購入する事が出来るので、お客様に自分の汗の臭いで不快感を与えてしまわない為にも対策をしっかりとする様にしましょう。それも大事なビジネスマナーの一つです。





楽天オススメ商品

アドセンス広告