ビジネスマナーを守ったメール返信

ビジネスマナーを守ったメール返信

ビジネスマナーを守ったメール返信

 

ビジネスで使われるメールは、こちらから作成するだけでなく、返信する際にもビジネスマナーが存在します。特に、相手が回答を急いでいる場合は、返信のビジネスマナーが問われることになるので、しっかりと理解しておかなければなりません。

 

まず、メールが届いたら、すぐに返信しなければならないのは、ビジネスマナーの鉄則と言えるでしょう。返信が遅れてしまえば、それだけ仕事が停滞してしまうことになるので、お互いに仕事を増やしてしまうことにもなりかねません。

 

やむを得ず、すぐに返信できない状況であれば、まずはそのことを伝えておくのが常識です。メールが届いているのにも関わらず、長い間なにも反応しないという行為は、ビジネスマナーに反することなので、状況に応じた返信方法が求められます。

 

届いたメールに対して返信する場合の文章は、基本的に作成時と同じと考えてよいでしょう。しかし、注目しておきたいポイントとして件名の書き方があります。

 

件名を変えずにそのまま返信することになると「Re:」の文字が付加されてしまいます。これが必ずしもビジネスマナーに反するとは限りませんが、内容によっては新たに件名を書き直さなければならない場合もあります。

 

件名に関してまず言えることは、何も入力せずに返信してしまうのは絶対に避けることです。書き直そうと件名を削除したのを忘れて、そのまま返信してしまうケースも少なくありません。

 

このように、メールの返信ひとつとっても、様々なビジネスマナーが存在するということを知っておくようにしましょう。





楽天オススメ商品

アドセンス広告