マナーを疑われてしまう手紙

マナーを疑われてしまう手紙

マナーを疑われてしまう手紙

 

仕事で手紙を書くことが多い場合、ビジネスマナーを確実に身に付けておかなければなりません。日常的に、Eメールで連絡を取り合っていたとしても、手紙を出さなければならないこともあるものです。特に、先方への感謝状やお詫び状、挨拶状などの手紙は、業種に限らず用いられています。

 

仕事で使われる手紙には、プライベートのものとは違い、特有のビジネスマナーがあるので知っておくようにしましょう。ここでは、ビジネスマナーに反する手紙の書き方について説明していきます。

 

手紙は、Eメールと違って、書き間違えた場合にすぐに修正できるものではありません。中には、修正液を使う人もいるようですが、これはビジネスマナーに反する行為と言えます。書き間違えた場合は、新しい用紙で最初から書き直すことを徹底しなければなりません。

 

手紙の文面には、先方が不快と感じる文章を絶対に使わないことです。手紙を出す側にとっては不快と感じない文章でも、先方にとって失礼に当たる言い回しがないかを確認しておくようにしましょう。先方を不快にさせてしまう手紙は、ビジネスマナー以前の問題と言えます。

 

また、会社どうしの連絡には封筒を使って手紙をやり取りするのが基本です。稀に、はがきを使うこともあるようですが、機密情報が含まれていることが多いので、封筒で送るのがビジネスマナーの基本と言えます。

 

そして、先方に気持ちを伝えたい場合は、手書きで手紙を作成することが望ましいです。パソコンを使ってもビジネスマナーとして間違いではありませんが、こちらの誠意を伝えるためにも手書きをおすすめします。





楽天オススメ商品

アドセンス広告