マナーを生かして好感が持てる手紙

マナーを生かして好感が持てる手紙

マナーを生かして好感が持てる手紙

 

仕事で送らなければならない手紙の場合、敬語を使うのは当然のことでしょう。しかし、敬語の使い方をしっかりと理解しておかないとビジネスマナーを疑われてしまいます。

 

確かに「ご」や「お」を語句の頭に付けるのもひとつの方法ですが、付けるべき語句を選ばなければならないのです。あまりにも多様し過ぎてしまうと、常識のない文章になってしまうので注意するようにしましょう。

 

手紙を書く上でのビジネスマナーの基本は、いかに相手に内容を理解してもらえるかにあります。端的にまとめながらも、必要な内容を逃さないように明解な文章に仕上げることが求められるのです。

 

手紙を書くことに慣れていないと、言葉遣いや漢字の間違いなどが多くなりがちです。自信があってもなくても、手紙に慣れている人に確認してもらうのも良いのではないでしょうか。前もって確認しておけば、思わぬ誤字脱字を発見できるものです。

 

また、ビジネスマナー特有の言い回しがあるので手紙を書く際にも注意が必要になります。先方に対して、自分の会社の社長を言い表す時には、当社社長という言い回しを用いるようにします。これが先方の社長になる場合は、貴社長として言い表すことになるのです。

 

手紙は、内容だけが先方に伝われば良いというものではなく、誰が書いたかを明確にしなければなりません。ビジネスマナーでは、自分の会社名や名前はもちろん、会社の住所や部署名、電話番号に関しても確実に記さなければならないのです。





楽天オススメ商品

アドセンス広告