ビジネスマナーを生かした手紙

ビジネスマナーを生かした手紙

ビジネスマナーを生かした手紙

 

仕事で送る手紙のビジネスマナーは、頭語と結語の使い方にも存在しています。この頭語と結語の使い方を間違ってしまえば、ビジネスマナーとしての常識がないと疑われてしまうことも少なくないので、しっかりとマスターしておかなければなりません。

 

仕事以外でも良く使われる頭語と結語に、拝啓と敬具があります。仕事でも日常的に送る手紙であれば、この組み合わせを利用しても問題ないでしょう。

 

しかし、先方へのお詫び状や感謝状、上司などに送る手紙の場合は適当ではありません。このような場合は、頭語を謹啓にして、結語を敬白にするのがビジネスマナーになります。

 

頭語や結語は、この他にもビジネスで利用できるものはたくさんありますが、不適切なものもあるので注意しなければなりません。それは、追伸や前略といったものになります。これらは、手紙の内容を端折る場合に使う語句なので、ビジネスマナー上使うべきものではありません。

 

そして、送られたきた手紙を返信する必要がある場合にもビジネスマナーが存在します。この時に使う頭語と結語には、拝啓や拝復、復啓、そして、啓等や敬具が挙げられます。

 

このように、仕事で使う手紙にも頭語や結語を使い分ける必要があることを知っておくようにしましょう。新社会人の方は、なかなか難しいビジネスマナーになるかもしれませんが、確実に覚えておけば様々な場面で生かすことができるのではないでしょうか。

 

仕事での手紙にも、適切な頭語、結語を用いてより知的な文章を作るようにしましょう。





楽天オススメ商品

アドセンス広告