手紙を出す時の宛名のマナー

手紙を出す時の宛名のマナー

手紙を出す時の宛名のマナー

 

仕事で手紙を送る際は、文書内容はもちろん、宛名書きにもビジネスマナーを生かさなければなりません。宛名は、先方が一番最初に目にする部分なので、文書内容よりも重要視すべきところではないでしょうか。

 

仕事の手紙は、ほとんどの場合封書で送ることになります。その際に使われるのが封筒になりますが、宛名は縦書きにするのがビジネスマナーとしての常識です。先方の住所が短ければ、一行で書いても問題ありませんが、長い場合は、二行に分けて見栄え良く書くことが大切です。

 

また、多くの場合、社名に株式会社が付きますが、それを略して書いてしまうとビジネスマナーが疑われてしまいます。宛名には、(株)を絶対に使わずに正式名称で書くことがポイントです。

 

宛名のバランスとしては、住所よりも会社名、氏名を大きめに書くと見栄え良く仕上げることができます。その際には、裏側の左下に差出人の情報として、郵便番号と住所、会社名や担当者名を忘れずに書くようにしましょう。

 

そして、手紙を封筒に入れて閉じた後には、中央に「封」や「緘」の文字を書いてやかなければなりません。中には、「〆」を使うケースも見受けられますが、ビジネスマナーとしては好ましくないので注意しましょう。

 

手紙は、社内向けに送ることもありますが、さほど変わりはありません。しかし、役職名は氏名に続けて書くのではなく、分けて書かくのが常識です。最初に会社名と役職名、その後に氏名と敬称を付け加えるようにしましょう。





楽天オススメ商品

アドセンス広告