手紙を出す時のビジネスマナー

手紙を出す時のビジネスマナー

手紙を出す時のビジネスマナー

 

文書作成は、ビジネスマナーの基本と言えるのでしっかりとマスターしておかなければなりません。また、文書作成だけでなく、それを手紙として先方に送る際にも、ビジネスマナーが存在しているので知っておくようにしましょう。

 

仕事で出す手紙には、お礼状やお詫び状などが多くなります。いずれも、自分だけでなく、会社としての気持ちが伝わらなければビジネスマナーが成り立ちません。感謝の気持ちやお詫び気持ちを文章にするのは簡単なことではありませんが、いかに気持ちを先方に伝えることができるかを考えて書くことが求められるのです。

 

通常、ビジネス文書として手紙を出す場合は、会社で用意されたフォーマットを利用します。目的ごとに形式が分かれている場合もありますが、いずれも自分の気持ちを文章として表現しなければならないのは同じことです。手紙を書く際のビジネスマナーは、型にはまり過ぎたものではなく、書き手の表現力を生かすことも忘れないようにしたいものです。

 

そして、ビジネスマナーとして頭語や結語の使い方をしっかりとマスターしておくようにしましょう。頭語が謹啓であれば、結語は敬白などは文章を書く上での基本と言えます。

 

お礼状やお詫び状の場合は、手書きで送ると効果的ですが、パソコンで作成しても問題ありません。作成日や会社名、郵便番号や住所、部署名や氏名などは、記載する場所や順序が決まっているので注意しながら書くようにしましょう。

 

せっかく先方に手紙を出しても、ビジネスマナーが無視されていては、全く気持ちが伝わらなくなってしまいます。





楽天オススメ商品

アドセンス広告