挨拶でのビジネスマナー

挨拶でのビジネスマナー

挨拶でのビジネスマナー

 

社会人である以上はどの様な場合においてもビジネスマナーは必要となります。社内に限らず外においても、どの様な場所でどんな関係者に会うのかは分かりませんので、仕事中は意識を高く持ち気を抜かない様に心掛けましょう。こちらから相手側に訪ねて行った場合においては、これから会う担当者だけ限定で会うと言う訳にはまずならないので気を引き締めなければなりません。

 

廊下や玄関先において様々な方とすれ違う可能性があります。その様な際にビジネスマナーとしては挨拶するのが良いとされています。場合によっては清掃作業に従事している方もいると思われるので、その様な方とすれ違った際にも挨拶は欠かせません。廊下に代表される様な狭い場所においての挨拶の仕方としては、まず自分が端に避けた上でしっかりと立ち止まり挨拶をします。

 

また、エレベーターの中など密室での挨拶をどうすれば良いのかで悩んでいる方も少なくない様ですが、エレベーター内が空いている様ならば通常通りの挨拶を明るくするのが良いですね。その一方で人が多く混み合っている場合では、相手に窮屈な思いをさせない様に軽い会釈か目礼程度で済ませると言った具合に臨機応変な対応が求められます。階段で人と会ってしまったケースでは、相手方が自分と同じ目線にまで近づいてから挨拶をした方が好ましいと言った感じで、ビジネスマナーには様々なやり方があるので、その場面に合わせたベストなものをチョイス出来る様に勉強しておくと良いですね。

 

挨拶する際の言葉の使い分けもビジネスマナーを語る上で外せない要素になっています。非常に多い間違いとして有名ですが、『御苦労さま』と言う言葉を誤解して使用している方が多いです。『御苦労さま』と言う言葉は目上の方には使用していけない言葉になるので、安易に使ってしまってはいけません。大抵の場合が『お疲れさま』となるので気を付けましょう。それから、社外の人には『○○部長』と言った具合に役職名を言わない様にするのも大事なビジネスマナーの一つです。自分の会社における上下関係と言うのは社外の人間からすると関係ないものなので、『部長の○○』と言うのがビジネスマナーとしての正解になります。





楽天オススメ商品

アドセンス広告