色々な場面での挨拶のマナー

色々な場面での挨拶のマナー

色々な場面での挨拶のマナー

 

社会人として働いて行く上で知っておいて損はないビジネスマナーですが、その種類は多岐に渡っていて、挨拶一つを取って見ても色々なやり方があります。特に挨拶と言う分野のビジネスマナーにおいては日々の心掛けが大きく左右してくるものなので、常日頃から挨拶について考えていく事が成長の鍵となります。

 

自分が行う挨拶の仕方や言葉一つ一つに重要な意味があるので、ビジネスマナーを学ぶ上では絶対に蔑にする事は出来ません。心が全然入っていない挨拶をしてしまえば、相手に不快な印象を与えてしまい自分の評価を落としてしまいます。それなので、言葉の意味そのものもしっかりと考慮した上で、相手に伝わる様に心のある挨拶を心掛けていきましょう。

 

日本の挨拶の代表とも言える『おはようございます』は、日々の生活で大切なのは勿論、ビジネスマナーにおいても外す事の出来ない非常に重要な挨拶と言えます。一日が気持ち良く始まり仕事のやる気が出るかどうかは、毎朝の挨拶で決まるとも言えるので、笑顔で元気よく心を込めて挨拶すると良いですね。感謝の気持ちを表す時には『ありがとうございます』、謝罪の気持ちで心が一杯ならば『申し訳ございません』、送迎をする時には心をこめて『行ってらっしゃいませ』や『お帰りなさいませ』の言葉を相手を見てしっかりと伝わる様に言うのがビジネスマナーとして非常に重要な事です。

 

例えば、誰かが言った言葉につられて、相手を見ず体も向けずに言葉だけを発するのは相手に失礼となってしまいます。手が離せない程忙しかったなど言い訳を探す方も中にはいると思われますが、挨拶は時間を取るものでは決してないので、目線を向ける程度の事は出来るはずです。ビジネスマナーと聞くと何か難しい印象を受けるかも知れませんが、相手の事を思いやる気持ちをしっかりと持つ事が出来るのであれば自然と身に付いていくものです。『思いやり』と言う当たり前の感情がビジネスマナーを理解する上で非常に重要だと言う事を頭に入れて仕事に励むようにしましょう。





楽天オススメ商品

アドセンス広告