正しい挨拶の仕方のビジネスマナー

正しい挨拶の仕方のビジネスマナー

正しい挨拶の仕方のビジネスマナー

 

日常生活においても非常に重要な事ですが、ビジネスマナーにおいても挨拶は基本中の基本で大切な事です。コミュニケーションを築いて行く為には挨拶は無くてはならない必須の動作で、相手との距離感を縮める事も広げる事も出来ます。ただ単に挨拶をすれば良いというものではなくて、相手に少しでも良い印象を与えられる様な美しく明るい挨拶の仕方でなければならないのがビジネスマナーの難しい所であり肝とも言えますね。

 

日々働いているビジネスシーンにおいて挨拶やお辞儀と言うものをどの様にして使い分けたら良いのか皆目見当つかない方も中にはいると思われます。新入社員研修などにおいてビジネスマナーを習う事はあり、大抵の会社が基本的な事は教えていますが、実際のビジネスシーンにおいて習った事をしっかりと実行出来ている方は一体どの程度いるのか気になる所です。復習の意味合いもこめて再度ビジネスマナーを再確認するのは非常に有意義な事と言えるので、勉強し直してみてはどうでしょうか。

 

挨拶と言っても一つではなくて、会釈で問題ない場合もあれば、敬礼(一般的なお辞儀)が必要な場合、そして最敬礼(丁寧なお辞儀)が求められる場合があると言った具合に使い分けが重要になってきます。15度程度体を倒す会釈の使用例としては、廊下でお客様とすれ違った場合やお茶をだしたりする場合に使います。それから、応接室への出入りや上司からの指示を受けた場合には、30度程度体を前に倒してお辞儀をする敬礼を行います。出社した時や退社の際にもこの敬礼をしますね。

 

45度程度まで体を倒す非常に深いお辞儀をする最敬礼をする必要がある場面と言うのは、相手にきちんとした謝罪を示す時や、反対に深い感謝の気持ちを伝える時になります。上述した様に、たかが挨拶と思うなかれ非常に様々な印象を相手に伝える事が出来る動作になっているので、ビジネスマナーをしっかりと勉強して場面ごとに使い分けられる様に頑張りましょう。





楽天オススメ商品

アドセンス広告