電話による挨拶のビジネスマナー

電話による挨拶のビジネスマナー

電話による挨拶のビジネスマナー

 

ビジネスマナーは社会人として生きていく上で非常に重要なもので、取引先の方と直接対峙している場合限定だけでなく、電話などで対応する場合の事も考える必要があります。相手の表情が分からない電話だからこそ言葉を慎重に選び、相手に好印象を与えられる会話が出来る様にしたいものですね。

 

初めて電話で話す方と今まで何度も話した事のある方で対応の仕方を変えていくのも社会人のビジネスマナーとして非常に重要な事です。電話で話す際の注意ポイントとしては、普通に対峙して話す場合よりも電話を通した場合に自分の想像以上に声が低く相手に伝わるので、電話をかけた際の第一声は若干トーンを高めにして発声した方が良いですね。電話で話す際には沈んだ声ではなく、明るくそして爽やかな雰囲気を相手に与える挨拶でスタートするのがビジネスマナーとして理想的です。印象と言うのは挨拶で決まりかねないものなので気を付けましょう。

 

こちらが電話を受け取る場合に関しては、『はい、□□社の○○でございます』など明るく元気に挨拶を始めるのは当然の事として、尚且つ、3コール以上電話を鳴らせて相手を待たせてしまった場合においては、『大変お待たせいたしました』など待たせてしまった非礼を詫びる言葉を用意しなければなりません。また、相手の名前をしっかりと確認したのであれば、『いつもお世話になっております』と挨拶をするのもビジネスマナーとして忘れてはならない事です。

 

その一方でこちらから電話をかける場合には挨拶は尚更重要で気を付けなければなりません。初めて電話をかける際には『お忙しい所、突然の電話で失礼致します』等の言葉を加えて挨拶するのがビジネスマナーの基本とも言えるのでしっかり頭に入れておきましょう。また、こちらから電話をかける際には、電話をかけた時間帯に合った挨拶は勿論の事、自分が何者であるのか身分をしっかりと名乗り、『いつもお世話になっております』と会話を始めていきます。ビジネスにおいて電話応対は非常に重要な意味合いを持っているので、少しでも好印象を与えられる様に気を付けましょう。





楽天オススメ商品

アドセンス広告