ビジネスマナーでのクールビズ

ビジネスマナーでのクールビズ

ビジネスマナーでのクールビズ

 

今では、クールビズを取り入れる会社が多くなってきました。これは、地球環境のことを考えた省エネ活動の一環として、多くの会社が取り入れている活動のひとつです。

 

クールビズは、夏場の冷房による電力消費を抑える目的で、涼しい服装を進んで身に着ける活動になっています。しかし、このクールビズが今までのビジネスマナーの常識を変えつつあるのも事実です。

 

従来は、ビジネスマナーとして服装にスーツを着用するのが常識でした。クールビズでは、涼しい服装にするのがポイントなので、スーツを着用することはまずありません。こうなってしまうと、クールビズでどのように服装をコーディネートしたら良いのかという疑問が生まれてきます。

 

クールビズとは言え、ラフな服装ならば何でも良いというものではありません。ほとんどの場合は、ネクタイを外してワイシャツだけの服装になりますが、その中でもビジネスマナーというものが存在するのです。クールビズという服装にしていても、だらしない印象や清潔感のない印象を感じてしまえば、ビジネスマナーに反する服装になってしまいます。

 

ワイシャツは、大きめの方が涼しいと考える人もいるようですが、ビジネスマナーを配慮した場合は、体型にちょうど良いものを選ぶことが重要になります。当然、ワイシャツにはアイロンがかかっていて、シワのないものを着用しなければなりません。

 

また、涼しさを考えると、薄手のワイシャツが良いようにも感じてしまいます。しかし、これは肌着が透けて見えてしまうので、ビジネスマナーとしては不適切ということになります。





楽天オススメ商品

アドセンス広告