ビジネスマナーを守った名刺の扱い

ビジネスマナーを守った名刺の扱い

ビジネスマナーを守った名刺の扱い

 

社会人になれば、多くの人が名刺を持つことになるでしょう。しかし、名刺と一言で言っても、それには様々なビジネスマナーが存在するということを知っておかなければなりません。

 

名刺は、相手の顔とも言えるものなので、名刺交換から保管までに渡ってビジネスマナーを生かさなければならないのです。特に名刺交換は、ビジネスマナー以前に人間性が問われる要素を秘めているため、多くの会社で研修が行われています。

 

実際に、新入社員の頃に名刺交換の研修を受けた記憶があるという人も多いのではないでしょうか。それだけに、名刺交換は絶対に失礼のないように行わなければならず、最初に習得すべきビジネスマナーとも言えます。

 

お客さんと接する機会が多い人や、たくさんのお客さんと会う場合は、名刺を切らさないように配慮しなければなりません。先方に訪れて、突然大勢の人と名刺交換を行わなければならないケースも少なくないので、常に名刺は多めに準備しておくことが大切です。

 

このような、たくさんの人と打ち合わせや商談を行う際にも、席の順番通りに頂いた名刺を並べておくのもビジネスマナーのひとつです。商談中に正しく名前を呼びかけることができれば、相手も気持ち良く話すことができるのではないでしょうか。

 

また、名刺は頂いた後もしっかり管理しなければなりません。時間が経ってから、誰だか分からなくなってしまっては、名刺交換の意味がなくなってしまいます。なくさないように保管しておくのは当然ですが、必要な時にすぐに取り出せるようにしておくのも、ビジネスマナーとして重要なことなのです。





楽天オススメ商品

アドセンス広告