ビジネスマナーに反する行為

ビジネスマナーに反する行為

ビジネスマナーに反する行為

 

名刺は相手の顔とも言われているので、大切に扱うことがビジネスマナーとして大切です。名刺交換した後に、コーヒーなどを飲みながら商談していると、こぼして名刺を汚してしまうケースが時折見られます。これは、相手の顔を汚す行為と同じことなので、一番気をつけなければならないことです。

 

また、名刺を扱う際には、名刺入れを使うこともビジネスマナーの基本と言えます。頂いた名刺をポケットにしまったり、かばんに直にしまってしまうと、名刺が折れてしまったり、なくしてしまうこともあります。このようなしまい方をしていれば、名刺を床に落としやすくなってしまい、相手にとても失礼な行為をしたことになってしまいます。

 

名刺にメモを書き込むこと自体は、ビジネスマナーに反することではありませんが、相手が目の前にいる間は避けなければなりません。メモを書き込む場合は、相手が帰った後に日付や特徴を記録しておくのがビジネスマナーの常識です。

 

さらに、名刺交換した後に、頂いた名刺をずっと持っていたり、触っているのも印象を悪くしてしまいます。これは、商談中に時折見られる行為のようですが、相手の顔とも言える名刺をこのように扱うべきではありません。

 

また、あり得ないと思う行為でも注意しておかなければならないことがあります。それは、客先を訪問した際に名刺を忘れてくるというものです。この行為は、ビジネスマナーに反するどころか、その人の人間性を疑われてしまうので、忘れずに名刺入れに保管しておかなければなりません。





楽天オススメ商品

アドセンス広告