名刺交換をマスターする

名刺交換をマスターする

名刺交換をマスターする

 

接客に欠かせないビジネスマナーには名刺交換がありますが、正しく行えているか今一度見直してみてはいかがでしょうか。名刺交換は、ちょっとした行為でも相手にとって失礼にあたってしまうこともあるので、注意しなければならないことがたくさんあります。

 

名刺交換は、お互いに手を使って行うため、名前の部分を指で押さえてしまうこともあるようです。これは、名刺交換のビジネスマナーに反する行為なので、手の平に乗せるように交換すると良いでしょう。

 

場合によっては、読めない名前の名刺を頂くこともあるでしょう。そのような場合は、すぐに確認しておくこともビジネスマナーとして大切なことです。決して失礼にあたる行為ではないので、頂いたその場で確認するようにしましょう。

 

名刺交換した後は、日付やどのような人だったかなどのメモを書き込んでおくと忘れにくくなります。名刺にメモを書き込む際は、相手が帰ってから行うことが基本で、その場でメモをしないようにするのがビジネスマナーの鉄則です。

 

また、ビジネスマナーは名刺交換した後にも存在することを知っておきましょう。それは、名刺の保管方法で、時間が経ってから誰だか分からなくなってしまったり、名刺をなくしてしまってはビジネスマナーが疑われてしまいます。今では、名刺をきれいに管理できるアイテムがたくさん販売されているので、利用してみるのも良いのではないでしょうか。

 

新社会人の場合は、名刺交換の場で緊張することも多いものですが、このようなビジネスマナーをしっかり身に付けておけば、多少は楽になるのかもしれません。





楽天オススメ商品

アドセンス広告