名刺交換はビジネスマナーの基本

名刺交換はビジネスマナーの基本

名刺交換はビジネスマナーの基本

 

お客さんと接する時に欠かせないビジネスマナーとして、名刺交換が挙げられます。名刺交換は、自分を売り出す機会だけでなく、会社の業績をアップさせる重要なものなので、確実にマスターしておかなければなりません。

 

お客さんと接する機会の多い人は、常に名刺を携えておくことがビジネスマナーの基本です。名刺交換の際に、名刺がないということになれば、相手に不快感を与えてしまうことにもなりかねません。これは、ビジネスマナーに反することですが、かなり多く見られると言われているのです。

 

また、名刺を受け取った時に、名前が読めない場合は、その場で確認しておくようにしましょう。これは、時間が過ぎてから聞いてしまう方が、ビジネスマナーを疑われてしまいます。

 

そして、相手に名刺を渡す際は、黙って渡すのではなく「よろしくお願いします」などと一言加えるのがビジネスマナーの基本です。相手に礼を尽くす意味でも、頭を下げるだけでなく、言葉として一言加えた方が気持ち良く名刺交換することができるでしょう。

 

名刺交換のビジネスマナーには、名刺を渡す順序があるということも忘れてはいけません。名刺交換は、目上の人が後になるような順序で行うのが鉄則です。部下の人や訪問した人がまず名刺交換を行わなければなりません。

 

また、せっかく名刺を持っていても、汚れていたり折れてしまっていては全てが台無しになってしまいます。名刺を保管する時は、ポケットではなく、名刺入れを活用することもビジネスマナーとして大切なことです。





楽天オススメ商品

アドセンス広告